「作業興奮」って脳でなにが起きてるの?科学的な根拠を徹底解明!

※脳×科学っぽい画像・サイエンス系

「仕事が早い・遅い人の違い」「やる気がでる・でにくい人の違い」

これらはすべて「性格や能力の問題」だと思っていませんか?

実は、それらを変える秘密は”脳”にあったんです。

※脳画像

「作業興奮」という言葉を知っていますか?

簡単に言うと、

やる気があるから行動し続けられるのではなく、

行動し続けることでやる気を呼び起こすことが出来る

よって、やる気が欲しければとにかく行動し続けるのが近道

というものです。

これは、心理学者クレペリンが発見した現象で、

人間は手足や頭を使うと、脳の側坐核という部分が刺激され、ドーパミンが分泌されます。

※図

ドーパミンは意欲や楽しい!という気持ちを増長させる、いわゆる「やる気物質」と呼ばれるもの。

つまり、作業・行動を続けることにより強制的に脳から「やる気物質」を分泌させることができるのです。

しかし、「作業を始めてみても、一向に気分が上がらない・・・集中できない・・・」

なんて経験はありませんか?

※パソコン前・困る男性画像

そう、「作業興奮」を引き起こすには、”作業・行動を続ける”こと以外に、ある条件が必要だったのです。

作業興奮を起こすとされている脳の側坐核は、単体で機能するわけではなく、

「記憶をまとめている”海馬”」「快・不快などの感情を左右する扁桃体」から情報を得て、

いろいろな条件が揃った場合に初めてドーパミンを分泌します。

※脳に?がある画像

まずは、記憶をまとめている海馬から、

「この作業を続けていて過去に悪い結果が起こらなかったか?良い体験ができたか?」を調べます。

例えば、過去に怪我や事故、トラブルを起こしている行動であれば、

脳は「危険」などと判断し、身を守るためにドーパミンの分泌を行いません。

この機能がないと、危険な状況を判断できずに命を落とすことになるからです。

※図

さらに、快・不快などの感情を左右する扁桃体で、

「この行動はストレスより快感が上回るか」ということを調べます。

いくら作業興奮を起こしたくても、

脳が過剰にストレスを感じている状況では、ドーパミンを分泌することはできません。

※図

ですが、ストレスのある作業でもその先に成功体験などが重なり、

「この行動を続けることで自分にメリットがある」という経験があれば、

脳の中でも「ただストレスのある不快な作業」から「良い結果が待ち受けている=快感」へと変換できるのです。

脳は経験からしか判断ができません。

つまり、自分にとってメリットがある結果をもたらす行動はドーパミンを出し継続できるように、

メリットがない、危険があるなどの結果をもたらす行動は、ドーパミンを出さず止まるようにできているのです。

※図

ここまでの条件が揃って初めて、「作業興奮」を起こすことができます。

ですが、この条件が揃っていればどんな行動でも作業興奮を起こすことができる、というわけではありません。

ここで鍵となるのが、「労力」です。

人間は「初めて」の作業や、「苦手」とする行動に対しては、多大な労力を必要とします。

※図

例えば、社会人1年目の新人営業マンがクライアントと話す時は、

「緊張」や「プレッシャー」などのストレス、「技術の不安」などが大きく、

作業興奮は起こりにくいと考えられます。

しかし、10年目のベテラン営業マンであれば、技術の不安などはなく、必要な労力は新人営業マンに比べ少ないです。

※比較図

そのため、「良い結果」などの「自分へのメリット」を考えることができ、作業興奮が起こりやすいのです。

なので、「歩く」や「好きな本を読む」などほとんどの人が能力に関係なく簡単にできる作業は、

必要な労力が少ないので作業興奮が起こりやすいのです。

※図

でも、「作業興奮が欲しい!」と思う作業こそ、たくさんの労力が必要な作業ばかりではないでしょうか。

そこで、ドイツのVital Solutions社がとある成分の開発に成功したのです。

以前から「認知機能や脳機能の改善・メンタルヘルス」について研究を重ねていたVital Solutions社は、

「注意力・記憶力」に効果のある特別な育種系統のレモンバームを発見しました。

※レモンバーム画像

レモンバームに含まれる「ムスカリン受容体M1」という活性因子により、

「注意力と記憶力が向上」することがわかり、

この活性因子をメインに「Bluenesse(ブルーネス)」という成分を抽出することに成功しました。

※科学者?研究?画像

脳は、何度も行う作業を記憶し、学習し、能力を上げていきます。

しかし、細胞内の情報伝達を仲介しているcAMPなどを「ホスフォジエステラーゼ」という酵素が分解してしまいます。

ブルーネスは、この酵素を阻害することにより、情報や神経伝達を増強させ、

学習能力と記憶能力を格段に上げることができます。

※図

さらに、ストレスを低下させる成分「GABA」を分解してしまう「トランスアミナーゼ」を阻害し、

GABAの減少を防ぎ余計な神経興奮を抑えることで、ストレスを劇的に軽減してくれます。

これらの効果で、脳を「作業興奮を起こしやすい状態」にしてくれるのです。

※図

しかも、ドーパミンを分解するモノアミンオキシターゼを阻害して、

ドーパミンの分泌をより強めてくれるんです!

※図

このブルーネスを使い、18歳~39歳の25人の健常者を対象に臨床試験を行ったところ、

「ストレスの軽減」「不安感の軽減」「注意力・記憶力の向上」が確認され、

「計算処理能力の向上」という結果が得られました。

※資料グラフ

計算処理能力の向上、つまり科学的に作業興奮を起こすことに成功したということです。

さらに摂取1時間後からという即効性も確認されました。

「作業興奮」を科学的に起こすことができたのはVital Solutions社が世界初で、

ブルーネスは素材として特許を取得しています。

※特許画像?

このブルーネスをサプリ化することに成功し、『アドラーフォー』というサプリが誕生しました。

「好きな漫画をサクサク読むのと同じように、サクサク仕事ができたら・・・」

という願いを叶えるのが、ドイツで開発されたこの『アドラーフォー』なのです。

※商品画像

マラソンの練習に使っても良し、仕事の効率を上げるのも良し、集中したい時のお守りに使うも良し。

『アドラーフォー』があれば、「好きな時に最大の集中力を発揮できる」んです。

フリーライターYさんの場合

※前記事人物写真

1年目のライターなんですが、まだ技術もなくライティングにかける労力コストが高すぎたためか、

なかなか作業興奮も起きず、集中力も続かず、年収は上がらず…という状態でした。

「気分が乗る作業と乗らない作業の差って何?」と調べるうちに、作業興奮という言葉にたどり着き、

ブルーネスを知り、『アドラーフォー』を見つけたんです。

当時集中したくて1日3〜5本ほどエナジードリンクを飲んでる状態だったんで、

それより安いし、と思って購入しました。

それからエナジードリンクと同じくらいの頻度で飲み続けて、約1ヶ月でタイムスケジュールがここまで変わりました。

※円グラフ比較

作業効率が上がったのもあるし、数をこなせたり注意力が上がったことで

ライティング能力自体もグングン上がったと思います。

結果、いろんな仕事をもらえるようになって年収も上がりましたね。

ストレスも減ったしカフェインも摂らなくなったんで体調もいい感じです!

大学生Dさんの場合

※人物画像

地味な自分が嫌で大学デビューしたんですが、飲み会にでても面白いことが言えず、

女の子にもモテないし…って感じでした。

周りのモテる奴を見て、「何でそんな頭の回転早いわけ?やっぱ元が違うのか」と諦めてたんです。

仲が良い奴といればポンポン言葉が浮かぶのに、合コンとかデートとかになると

緊張とかストレスでいっぱいいっぱいになっちゃうんですよね…

※困る人物写真?脳が緊張でいっぱいの図?

毎回学習してるつもりなのにそれも緊張でゼロになっちゃいます。

そういう時に、心理学の授業で「作業興奮」を知って、サプリがあることを知りました。

正直そんな信じてなかったんですけど、宿題の論文のネタになると思って買ってみました。

そしたら、人と話す時の強いストレスが和らいだんですよね。家族と話す時みたいな(笑)

※笑顔人物?

緊張とか不安でぎゅうぎゅうになってた脳内がスッキリして、飲み会に呼ばれる頻度も増えました。

今では課題とかテスト前の勉強の時にもお世話になってます!

たった1,980円で「作業興奮」が買える!

『アドラーフォー』は通常7,000円ですが、今たった1,980円で購入できるキャンペーンを行ってます!

※バナー

毎日エナジードリンクを2〜3本飲むと月に10,000円以上かかります。

しかも、『アドラーフォー』の主成分「ブルーネス」は、ハーブであるレモンバームから抽出されているため、

カフェイン一切無し、睡眠へ障害がでたり、胃腸に負担がかかることも、

過剰摂取で命を落としたりなんてことももちろん無し。体への害は全くないんです。

エナジードリンクの10分の1の値段で、体にも優しく「作業興奮」が買えるなんて、お得すぎますよね!

ぜひ、脳科学から生まれたサプリ『アドラーフォー』で最高の集中体験をしてみてください。

※ボタン